SEO対策

SEOの効果 ~ホームページを知るきっかけの8割が“検索エンジン”から~

自社ホームページのアピール方法として、バナー広告の利用、スポンサーサイトの利用など多数の方法がありますが、SEO対策には自社ホームページが閲覧されることでのクリック課金などの課金制度もありません。 SEOによる検索エンジン内上位をキープすることで、インターネット内の広告効果も期待できます。一度上位に上がると、持続的な効果が期待できますので、費用対効果も優れており、自社ホームページをより多くの人に閲覧してもらえる可能性も秘めています。

基本として、SEO対策はGoogleを代表とする「ロボット型」検索エンジンを対象に行います。
検索キーワードを決定し、そのキーワードに基づいて上位表示を目指します。検索キーワードは複合キーワード(例えば、「神奈川県」「賃貸」など)、または単一キーワード(例えば、「釣り」など)によって行います。
ただ単一キーワードにて検索の場合、表示された関連サイトの範囲が広すぎて、なかなか上位表示が難しくなる点があります。そこで最近では、複合キーワードでより検索されやすいキーワードを選び、範囲を少し狭くしながらより目に付きやすいように行う傾向にあります。
検索エンジンスパム(注1)と呼ばれる、不正な手法は行いません。

SEO(検索エンジン最適化)対策は、アクセス増や売上げ、上位表示を必ず保証するものではありません。アクセス増や売上げに関しましても、当社は一切責任を負いません。
(注1)検索エンジンスパムとは?・・・不正な方法でホームページを作成し、ロボット型検索エンジンの上位に表示させるよう試みること。

成功報酬型SEO対策

調べ物の入り口のほとんどが検索エンジン

ホームページを探すための方法
インターネットを使って調べ物をする際、多くの方が検索エンジンを使って調べものをします。検索エンジンが利用される割合は8割~9割とも言われています。
大抵の方は検索結果の1ページ目から順番に見ていき、2ページ目、3ページ目と見ていきますが、後ろのページになればなるほど多くの方の目に留まらなくなってしまいます。
やはりホームページを多くの方に見てもらうには、検索結果が重要になってきます。

2種類の検索エンジンの統合

検索エンジンには大きく分けて2つの種類がありました。
ひとつはYahooを代表とする「ディレクトリ型」、もうひとつはGoogleを代表とする「ロボット型」です。2005年10月にYahooもロボット型をメインに切り替え、2010年12月にはYahooがGoogleの検索エンジンを採用したため、Google検索エンジンが主流となりました。「現在のSEO対策=Google検索エンジン対策」、と言っても過言ではありません。


Googleで上位 → 検索サイトで上位

検索エンジン別の割合現在の日本国内の検索エンジンシェアは「Yahoo! JAPAN」、「Google」が全体の約88%を占めています。その他の9%の内、goo、OCN、BIGLOBEやniftyなど多くの検索サイト は、Googleの検索結果を採用しているため、Google対策はこれらの検索エンジンに対しても有効です。